プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の任意売却ニュース!
担保物件の任意売却容易に=条件緩和の法案提出へ-与党

 自民、公明両党は17日、借金の担保となっている不動産について、裁判所の「競売」にかけずに売却先を見つける「任意売却」を進めやすくする「不動産任意売却促進法案」を今国会に提出することを決めた。任意売却に必要な抵当権抹消の条件を緩和するもので、迅速に売却したい金融機関や土地取引の活性化を期待する不動産業界の要望に応える。
 法案は、債務者が担保不動産の売却先と予定価格を決めた上で、これに同意した抵当権第1位の担保権者が裁判所にすべての抵当権の抹消を申請。これを受け裁判所は、下位の担保権者が1カ月以内に(1)競売の実施を要求する(2)売却予定価格の5%以上高値の買い取り先を見つける-場合を除き、抵当権を抹消し、売却を認める内容。
 現行制度では、すべての担保権者が同意して抵当権が消滅しない限り、任意売却できず競売にかける以外ない。しかし、競売には1年程度かかるのが通例で、その間に不動産価格が下落するなどの問題が生じていた。
 また、売却しても返済が期待できない下位の担保権者は、抵当権抹消に反対したり、同意する見返りに法外な金銭を要求するケースが目立つ。同法案は、こうしたことを防ぐ狙いもある。
時事ドットコムより引用
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ninbai.blog75.fc2.com/tb.php/775-e25204eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。