プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元の夫名義のマンションを買い取りたい
数年前に離婚をしました。

元夫がこのマンションから出て行き、私と子どもたちが住んでおります。
このマンションの名義は、「元夫名義のままです」。 返済も元夫が行うというのが離婚の条件でしたが、その元夫が返済を滞りだしてしまい、とうとう債権者からの申し立てで競売にかけられてしまいました。

そこで私はこのマンションをローンを組んで買取りたいと希望しています。
裁判所での評価額は決定している状況で、元夫は自分の債務整理のため、私たちへの任意売却に応じるそうです。 マンションは練馬区です。

元夫は現在再婚をしているので、夫婦間の売買ではありません。 こういう場合、どういう段取りで不動産の売買を進めていけばよいか、教えてください。

=============================================================

まず債権者(住宅ローンの融資金融機関)に対して、任意売却の申し出をします。 もちろん現在の所有者が行う必要がありますので、元ご主人からになります。

次に、その債権者との間で売買代金について協議し、価格を決めます。
その決めた金額以上の価格で、元ご主人との間で売買契約を締結し、住宅ローンの申込みを行います。

融資が承認されれば、売買代金の配分表を作成し、債権者に提示して承諾を得たうえで、抵当権抹消及び設定、所有権移転等の登記手続きを行います。

手順は以上の通りです。
ただし、債権者等の交渉や登記手続きに関しては専門的な知識やノウハウが必要です。 また入札日まであまり日程的な余裕はありませんので、スピードを要します。 すぐにでも行動しないと間に合いません。

住宅ローンを申し込むにも、個人で銀行に直接行うのか、当社のように住宅ローンを頻繁に銀行にしているところからするのではチョットだけ結果が違ってくると思われます。

当社であれば、任意売却を専門に行っておりますので、迅速に対応ができます。
任意売却のご相談なら 任意売却相談室へ!
フリーダイヤル 0120-21-8985
IP電話 050-3476-8264

テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ninbai.blog75.fc2.com/tb.php/718-260b9bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。