プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金の滞納
国税と地方税でそれぞれ\3,575,500と\530,000の滞納があり、本日、都税事務所より「差押書」、税務署より「参加差押通知書」が届きました。

納付計画を無理強いされたところもあり、納付できない状況となっておりました。

差押物件は、新宿区にあるマンションとなりますが、現在、そのマンションは、まだ住宅ローン(残額2,400万円程度)もある状況で、それを不動産管理会社に委託し他者に貸している状態です。

当該マンションの購入価格 3,400万円。 現時点での時価 2,480万円(Y!不動産で同一マンション名で同一の広さの物件の金額)。

私自身は別の賃貸に住んでおります。

この状況下で、御社にご相談し、手続き(任意売却等)をお手伝いいただけるとなるとどの程度の費用が掛かるものでしょうか?

==============================================================

上記のご質問の内容から、物件価格と残高が同じくらいですので抵当権者との話しは上手くいくとおもいます。

国税の方は300万円以上有りますがこれがいつからのものかが重要です。 そして国税の場合、剰余が出ると判断すれば公売になってしまいます。 無いと判断すれば差押えは取り下げされます剰余の有無を証明する資料はこちらで証明しなくてはなりません。

面倒なのは地方税です。 なかなか負けてくれないのが現状です。 50万円という金額が中途半端です何百万円有れば交渉で負けてもらえますが、50万円だと延滞税は負けてもらえないと思います。

ただ、マンションも昨年に比べ都内は特に下がっているので売却価格は調べてみないとハッキリしたことは言えません。

当社で任意売却を手伝うと言うことになれば費用は価格の3%プラス6万円に消費税です。
2,000万円で売れたとして手数料は70万円位です。 ただし、債権者側からもらうので用意する必要はありません。

任意売却相談室
フリーダイヤル 0120-21-8985
IP電話 [OCN フォン] 050-3476-8264

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ninbai.blog75.fc2.com/tb.php/704-c6f15d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。