プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの金利の上昇!
住宅ローンの金利の上昇!

世界的なインフレ懸念で長期金利が上昇したことから、大手銀行2行が、来月分の住宅ローンの金利を3か月連続で引き上げることを決めました。 金利はおよそ12年ぶりの高い水準となります。

このうち「三菱東京UFJ銀行」は、来月分の固定型の住宅ローン金利をすべての期間で引き上げることを決め、返済期間が10年の金利を0.2%引き上げて4.25%とします。

仮にこの条件で1,000万円借りて毎月同じ金額を返済した場合、金利分も含めた返済総額は今よりも11万4,000円程度増える計算になります。 また、そのほかの期間でも、金利を0.1%から0.2%引き上げます。

一方、「りそな銀行」は、10年の住宅ローンの金利を0.1%引き上げて4.15%とするほか、そのほかの期間でも金利を0.15%から0.2%引き上げるとしています。

どちらの銀行も、住宅ローン金利を引き上げるのは3か月連続で、返済期間が10年の金利は平成8年8月以来およそ12年ぶりの高い水準になります。

「みずほ銀行」と「三井住友銀行」も、近く住宅ローン金利の引き上げを決める見通しです。 これは、原油や穀物の価格高騰が続くなど世界的にインフレへの懸念が強まったことから、住宅ローン金利の指標となる長期金利が今月になって一時1.8%台後半まで上昇したことによるものです。

大手銀行の担当者は「資源や穀物の価格の高騰は続くものとみられ、住宅ローンの金利も引き続き高い水準となりそうだ」と話しています。

ソース:NHKニュース

===========================================================

住宅ローンの返済額が毎月々の生活費ギリギリでやり繰りしている家庭にはかなり悪い状況です。

苦労して苦労して買ったマイホームを手放すことは辛いでしょうが、金利の低い借金を、金利の遙かに高い新たな借金で返すような自殺行為は止めてください。

早々に見切りをつけるのも方法です。

住宅ローンの返済に行き詰まったら任意売却をお考えください!
任意売却相談室
フリーダイヤル 0120-21-8985
IP電話 [OCN フォン] 050-3476-8264

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ninbai.blog75.fc2.com/tb.php/680-adef0abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。