プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任意売却の引越代と債権者への配分表
任売での引越代の捻出!

最近は住宅金融支援機構さんが引越代を基本的に認めないと通達を出してしまったので、それへ右へ習いの金融機関が出始めております。

とはいうモノの、そこまでは冷徹になり切っていない金融機関さんに感謝ではあります。 でも、以前に比べ認めてもらえる引越代の額ははるかに少額になって来ているのも事実です。

私たちは、各任意売却の案件ごとに、いかにして引越代を出してもらおうかと無い知恵を絞り出しております。

今日は、引越代を各債権者に計上する一例を書いてみます。


任意売却の場合ほとんどの住宅が実勢価格よりローン残債の方が遙かに上回っています。
例えば、

1) 現在の住宅ローン残債額内訳

    A銀行 2,000万円

    B銀行 1,000万円

この物件の流通価格が "1,500万円" 。
そして、私たちが各債権者と実勢価格に基づいた購入申込額に対して交渉に入りおおよその応諾額を確定します。

上記、A銀行およびB銀行との交渉による応諾額は1,500万円。 そして、その債権者の応諾額に基づいて配分案を作成し再度、各債権者と交渉し了解を得ます。

2) A銀行およびB銀行への配分額:

    A銀行 1,375万円

    B銀行   50万円(いわゆるはんこ代)

    任売業者の仲介手数料 50万円

    抵当権抹消費用  5万円

    引越代 20万円


引越代で揉めるのは、2番目の債権者が『なんでウチが50万円で、引越代が20万円も有るのよ。 ウチは納得出来ない。』、なんて言ってくることがあります。

2番抵当権者、3番抵当権者などと債権者増えれば増えるほど引越代で揉めます。 
しかし、私たちもプロですので、相手に不快感を与えず上手く引っ越し代だけは確実に確保します。


任意売却引越代
任意売却相談室
フリーダイヤル 0120-218-985


テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ninbai.blog75.fc2.com/tb.php/669-3f123b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。