プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連帯保証人
最近、相談があったケース

子供(長男)が住宅ローンを借りるときに親が連帯保証人になっていることって、よくありますよね。

返済が順調なときは、連帯保証人は何の負担もないので誰も意識しないですよね。

こういったケースでありがちなんですが、一般的に親は先に亡くなります。でも、亡くなっても銀行に連絡しない

んですよ。たとえ、連絡しても預金関係の手続止まり。相続税を意識するような家庭は別にして、殆どの人は。


そうするとどうなるか。連帯保証人の保証債務は負の財産として相続されます。何もしないと自動的に法定相続されます。というか、されたことと見做されます。(相談者もその意識はありませんでした!)

ところが、時間が経ち、借主の状況が変わり返済が滞りがちになってきて、銀行から連帯保証人へ連絡しようとして、初めて亡くなっていた事が表面化することってよく有るそうです。銀行から連絡がきて、連帯保証人としての立場を知ったそうです。

同じような状況の方、気をつけてくださいね。


全国任意売却相談室 0120-218-985
スポンサーサイト

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。