プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来が明るくなった
今朝一番で電話を頂いた方は、数年前に住宅ローンを組んでマンションを購入した。
しかし、昨年転勤になりそのマンションを知人に貸し、その家賃で住宅ローンを支払っていた。
だが最近になって家賃が入らずローンの支払いが出来ない、どうしたらいいだろうかというご相談だ。

活字にすると簡単なことのようだが、ご相談者にとっては他にも生活上の悩みがいろいろあって、この問題が特に大きく肩にのしかかっているようだ。
一通りの話を聞いたあと解決方法をアドバイスしたら、ひと言「未来が明るくなった」とおっしゃった。
それを聞いた任意売却相談室のスタッフ達の顔も明るくなった。


住宅ローン返済のことで、悩んだら
任意売却相談室までお気軽に、ご相談下さい。

フリーダイヤル 0120-218-985


スポンサーサイト

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

日本版サブプライム問題
とうとう日本でも この問題に直面する時がやってきた。

本日ご相談いただいた方は、今年の4月にマンションを購入して住宅ローンを組まれたばかりの人だ。  ただ米国のサブプライムと違ってかなり所得の高い方なのだが、勤務していた外資系金融企業のリストラにあったらしい。  他に職を求めても給料が格段に低くなり、とても住宅ローンを払えないそうだ。  ご本人が金融のプロだけに変動金利選択型での条件変更の怖さも知っていて、早めに手を打ちたいということであった。

これから段階金利制の切り替え時期を迎える方々は、「くれぐれも住宅ローンを払うために高利の消費者金融から借りる」なんてことのないようご留意ください。

判断に苦しんだときは 任意売却相談室 0120-218-985 にお電話ください。
きっと良い解決方法が見つかると思います。

テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

自動車ローンも貸し渋り
アメリカでの 新車販売台数が昨年に較べて2割以上減少しているそうだ。  原油価格の高騰によるガソリン高の影響だけが原因でなく、自動車ローンの貸し渋りが 販売の足を引っ張っているらしい。  貸し渋りによる販売減の分だけで年換算100万台規模に達するとのこと、大変なことだ。  日本の自動車業界にも同じようなことが起きているのだろうか。日本経済全体に信用収縮が広まってくると、ますます景気は悪化する。  どうやらこの状況は長期化しそうだ。

住宅ローンを払えない状態になったら、早めに任意売却相談室までご連絡ください。
フリーダイヤル 0120-218-985



住宅ローン貸し渋り
新築マンションの供給戸数が、昨年同期比マイナス43%という発表がありました。

不動産市場崩壊の中でのことではあるが、それより深刻なのは銀行が、住宅ローンの貸し出しを渋っていることだ。  住宅ローンを払えない人々が、急激に増えてきているので、ガラッと方針を変え、特に年収400万円以下の人に対しては 全く取り扱いしてないようだ。
貸し込む時と貸し渋る時の差が大きく、なんでこう急激に態度を変えるのか理解に苦しむ。

住宅ローンを払えないで当社に来られた方々が、一日も早く最善の解決方法を取り、安心して生活を送ることが出来るよう任意売却相談室スタッフ一同願っています。


住宅ローンが払えなくて悩む前に、相談してください!
フリーダイヤル:0120-218-985



テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

代位弁済の登録
朝一番のご相談者は、既に4年前に当方で任意売却をされた方でした。

その際に 当然のことながら代位弁済の事実が、個人信用情報センターに ダイベン として登録された。  質問は、その登録が何年で抹消されるのかということでした。

何故 そのような質問をされるかと思って聞いてみると、なんと、そろそろ新しい住まいを購入したいので ローン申し込みが出来るかどうか ということでした。

私たち任意売却相談室にとっては 大変喜しいことなので、弾んだ声で 「あと1年ですよ」 と申し上げた。

こういう問い合わせが どんどん来ると、私どもの仕事にも 更なるり甲斐が出てきます!


※2012年5月追記
最近の状況では、丸5年を経過したからと言って、すぐに消えることがないとも聞いております。
必ず、ご自身の信用情報をご確認ください。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

債務免除益にご注意
今日は 以前相談を受けた法人から、久しぶりに電話があった。  かつてのバブル時に、無理な借入をして、その後の地価下落により 担保割れした所有不動産を任意売却した先です。  多大な無担保債務が残り、その処理を私ども 任意売却相談室 と打ち合わせながら解決したのです。

ただ これには、私どもが心配していたことがあり、任意売却した年度に発生した損失を 欠損金繰越控除の使える 向こう7年度以内に債権者と決着しないと、債権放棄にもとづく債務免除益が発生して課税されるため、今度は税金に追われることになりかねないのです。

債権者との話し合いに 5年かかりましたが、なんとか間に合ったという電話でした。  債権放棄を望んでいる法人は くれぐれもご注意ください。  私ども 任意売却相談室 となら安心です。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

魔法は使えません
今日のご相談者は 首都圏の私鉄沿線のマンションを かなり前に購入された方です。  数年前にご主人と離婚して 子供は父親が引き取りました。  その後、別れたご主人が亡くなり、マンションは子供たちがそのまま住み、ローン返済は奥様がしていました。  最近になり ローン返済が滞った為、銀行は競売にすると言ってきたとのこと。

では 任意売却をお望みですね、と聞くと いや売らないで、住み続ける方法を考えているのです。  と、大変都合のよい話を聞かされました。  しかも、お金を払わずに!


ご相談者の方、どうか進むべき道は 可能性のあるものを選んでください。

この任意売却相談室では、最善の方法はアドバイスできますが、魔法は使えません。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

「住宅ローンを払えない」
昨日は、テレビで住宅ローンを払えない人々の特集が放映されたためか、夜遅くまで任意売却相談室の電話は鳴りっぱなしだった。

任売も、親子間売買も、親族間売買も、紹介されたようだ。

住宅金融支援機構だけでも、ローン利用者300万人の1割近くの人が延滞に陥っているという。

それに銀行や信用金庫や生保の住宅ローンを払えない人々を加えたら、相当の数になるだろう。

任意売却相談室に、相談された方々が口をそろえて、電話をして『心の重しが取れた、もっと早く電話すればよかった』 とおっしゃります。

一日も早い電話を任意売却相談室はお待ちしています。

ご相談は、フリーダイヤル 0120-218-985 へどうぞ。


テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

残債務
今日は、収益物件を損切り売却したあとの残債についての相談がありました。


東北地方のある都市で、小売販売業を営んでる方ですが、商売の順調なころセールスマンの薦めで 投資用マンションを節税目的で購入したのです。  そして、その後の景気後退で節税の目的は薄れ、支払いに窮するようになり 任意売却の道を選びました。  当然、残債が残り 債権者と話し合いをしていかなくては ならないわけです。  がしかし 任売を依頼した不動産会社の担当者は、売却が終わったあと 相談に乗ってくれるどころか 電話にも出ない有様です。

ほかに 相談できる相手もいなくて、私たち任意売却相談室に電話を頂きました。  しかし、当方では 細かい微妙な事情もわからないので 相談に乗って差し上げることは 出来ませんでした。


任売の業者を選ぶ時の判断基準は、難しいと思いますが、やはり会社の規模や経歴が参考になるのではないでしょうか。  当方の任意売却相談室なら安心してお任せいただけます。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

相談室♪
相談室 という名称がそう連想させるのだろうが 私たち任意売却相談室には、他所の会社に依頼してもめたり、ほっぽり出されたりして 困った人からの相談が非常に多い。

この仕事を 「単なる銭稼ぎ」 と思ってしているのだとしたら大間違いで 住宅ローンが払えなくて困っている人をいかに勇気づけ、最善の方法をアドバイスし、その人が精神的にも経済的にも一日も早く回復ができるようにしたい という強い思いを持って取り組む決意がないと 成し得ない仕事だと思う。

競売を回避することによって 相談者ご本人はもちろんのこと 債権者にとっても より良い解決になることを願うなか 今日も電話は鳴り響く。

ご相談は任意売却相談室へ!!
フリーダイヤル 0120-218-985


テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

金融機関が任意売却に応じないケース
金融機関が 任意売却に応じないケースもございます。

昨晩 寄せされたご相談です。
数社からお借り入れがあり ローンの支払いが滞ってしまい 任意売却か競売か ということになった場合 任意売却が出来ないことがあります。

借り入れ先の 1社または2社が 自分の所への配当金の割合に納得出来ない場合 任意売却は出来ません。

または 借入れいる金融機関が 企業の方針で任意売却を 一切認めていない場合もあります。

金融機関との関係をグチャグチャにしてしまっている場合。 特に 怒らせたという認識がなくても 先方を激怒させてしまっているかもしれません。 裏技を使っているのがバレている場合などは 銀行さんは お怒りになって任売に応じないことがあります。

任意売却で売るより 競売で売った方が高く売れる と金融機関が考えた場合。

任意売却相談室 - 競売
フリーダイヤル 0120-218-985



テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

マンション 値崩れ!?
不動産不況の真っ只中で 新築マンションの価格が値崩れしているのにつられ 中古マンション価格も値下がりしているようだ。

今日、任意売却の相談 の電話を頂いたお客様からも そんな心配の声が聞こえた。
しかし、任売を進める上ではかえって好都合で ましてや親子間売買を願っているなら このうえないチャンスだ。なぜなら価格が下がれば購入層は果てしなく広がってスムースな取引が期待できるし 親子間売買にとっては 購入側の負担が少なくなる可能性が大きくなるからだ。 今まで出来なかったことが可能になるかもしれない。

この機会をぜひとも活かせるよう 早めに 任意売却相談室 に電話をいただくことが この先の人生が展望の開けるものになる近道だろう。

テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

競売?任売?
「任売で購入したのですが 入居者がいて出て行ってくれないのは、どうしたらいいですか?」
というお問い合わせがありました。

競売物件では よく聞く話ですが、任意売却物件で ですか???
オーナーチェンジだったのを買ってしまったのでしょうか?

購入時の仲介業者さんには、ちゃんと聞いていたのでしょうか?
それでも困り 「任意売却相談室」へ お電話をいただいたのでしょうか?

こちらではお役に立てないので、詳細までお聞きすることはしませんでしたが あまりにも?ハテナ?だらけのお話です。

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

どげんかせんと
昨日も 親子間売買に関しての相談が多かった。

自分が苦労して 手に入れたマイホーム。
住みながら少しづつ手を加え 愛着も湧いているだろうし いろんな思い出が詰まっている家に ずっと住み続けたい気持ちが 痛いほどお客様から伝わってくる。

あちこちに電話し にべもなく難しいと言われ 縋るようなお客様の声を聞いていると「どげんかせにゃ」という思いが強く湧いてくる。
実際、親子間売買は難しいが 幸いうちの会社は住宅も造っているし、一級建築士事務所も開いているし、一般仲介もしていて、いろいろな銀行やノンバンクと提携している。なので、あらゆるチャンネルを駆使することが出来るのが強みだ。任売しか取り扱ってない小さな会社だったら こうは行かないだろう。

さぁ 今日はどんなお客様とめぐり逢うことができるだろうか。

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

福島市に来ております!
今日、このブログは福島市で書いております。

昨日の午後に郡山市で任意売却希望のお客様2組と面談でした。 今日はこの福島市で1組の方と打ち合わせです。 その後この街の不動産業者さんで任意売却を行ってくださる会社をさがします。

そして、その後は青森市へ移動します。 明日は、秋田市へと移動です。

私たちの上司は九州へ出張っております。 同僚は山陰地方へ同じようにお客様と面談で出張です。

車での出張、電車での出張どちらも一長一短ですね。

日本全国を網羅する全国任意売却相談室
フリーダイヤル 0120-21-8985
IP電話 [OCN フォン] 050-3476-8264





テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。