プロフィール

全国任意売却相談室

Author:全国任意売却相談室
任意売却・任意売買・任意処分
 住宅ローンの返済が何らかの事情で困難となってしまった人々に任意でその問題の不動産を売却してもらい、債務者を最悪の事態から回避する事を行う任意売却の専門不動産業者から日々の任意売却レポートです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

住宅ローン滞納カウンセラー@全国任意売却相談室
住宅ローンが払えなくなったら、どうするべきか?!競売ではなく、任意売却という方法をご紹介しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅を守る!
住宅ローンが払えなくなってから、自宅を守ることを考えたのでは手遅れになってしまうこともあります。

どうしてもマイホームを手放すことは出来ない!

というのであれば、このままいくとローンが払えなくなるかもしれないという段階で
今後どうなるのか?どう対応することが必要になるのか?
等を理解していたほうがいいと思います。

早めの対策をすることにより、対策の選択肢が増える可能性があります。

状況が整っていれば、ギリギリになっても回避する対策がとれることがありますが
早めに心の準備をしておいたほうが良い結果が導かれると思います。

全国任意売却相談室
フリーダイヤル 0120-218-985
スポンサーサイト
住宅ローン破綻。住宅難民。
最近、多くのマスメディアが
「6月危機」として”住宅ローン破綻”
を取り上げていた。

多くの人が、ボーナス減となっていたり
それでもボーナスが出ているだけよくて
ボーナスゼロというなかで
住宅ローンを抱えている人
その中でもボーナス払いでローンを組んでいる人
にとっては、大変な状況です。

任意売却相談室にご相談いただく方の中には
この夏のボーナスは、今までの貯えでなんとか乗り切れるが
このまま行くと冬のボーナスで、底がついてしまう。
という方が結構いらっしゃいます。

今まではなんとかなっていたが、このままでは
払えなくなるという。
しかも、売りたくても、売るとなるとローンを全額返せずに
売れない。


・・・と、最後は競売(きょうばい・けいばい)となってしまう。
競売となると、ほんの一部のエリアを除き
すごく安く売られてしまう。
それを避けるために、「任意売却」という手法を使い
より市況価格に近い金額で売却をする方法がある。

ローン返済に困った人の為の手法ではありますが
連帯保証人がいると、その人にも迷惑が掛かってしまうため
そうしたくても、出来ない人もいらっしゃいます。


状況が厳しくても、決して住宅ローンの返済をするために
キャッシングなどでお金を借りないでください。
住宅ローンは金利の低い借入ですが、キャッシングは金利の高い借入です。
そんな無理をするまえに、一度私たちにご相談ください。

######## 任意売却相談室 ########
フリーダイヤル 0120-218-985
IPフォン 050-3476-8264
Mail otoiawase@ninibaikyaku.org
################################

競売開始決定通知
担保不動産競売開始決定の通知が届きました。
競売にはしたくないので任意売却をしたいのです。


と、ご連絡をいただくことがあります。
ありがたいことです。
しかし、多くの方が任意売却をお願いして
進めることで、競売ではなくなると思っています。

競売開始決定の通知が届いているということは
すでに、債権者が競売の申立をして、裁判所が動き出している
ということなのです。
そして、それを止めるには、購入者が決まり、引渡す!
という状況になるまでは、債権者は競売の取下げをしてくれません。
当然、話を進めるにあたっては、債権者が応じてくれる金額で
買ってくれる人を探すことになります。

このような状況で、債権者が応じてくれる金額については
住宅金融支援機構(住宅金融公庫)とその他の金融機関では
違ってきます。

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

競売の手続きが進んでる!
「競売の通知が届いたんですが・・・」
と言ってご相談をいただき
「任意売却で進めたいです。」
と任意売却を決めたご相談者。

「そのこと(任意売却をするということ)を債権者に話をしてください。」
と当社の担当者から言われて、金融機関の担当者に連絡をするまではいいのですが・・・

任意売却のご依頼を、受けて動く当社としては、ご相談者からの書類が届かないことには
動けないのが実情です。

ご相談者の中には、この債権者への連絡をして、そのことを当社に連絡いただいた時点で、すでに任意売却を依頼し、後は待つだけ。という方がいらっしゃいます。

しかし!!
こちらに、必要書類が届かないことには、動けけないのです。

動けない=任意売却が進められない
ということで、せっかく債権者に「任意売却を進めます」と言ってもらったのに、書類が届くのが1ヶ月も後になると、書類が届いて対応しても、すでに債権者が応じてくれなくなってしまいます。

「任意売却で進めるという連絡はあったけど、あれから時間が経っているから、こちらは競売の手続きを進めていますよ!」
と言われてしまいます。

書類を早く送って下さい。とアナウンスしているものの・・・
競売?任売?
「任売で購入したのですが 入居者がいて出て行ってくれないのは、どうしたらいいですか?」
というお問い合わせがありました。

競売物件では よく聞く話ですが、任意売却物件で ですか???
オーナーチェンジだったのを買ってしまったのでしょうか?

購入時の仲介業者さんには、ちゃんと聞いていたのでしょうか?
それでも困り 「任意売却相談室」へ お電話をいただいたのでしょうか?

こちらではお役に立てないので、詳細までお聞きすることはしませんでしたが あまりにも?ハテナ?だらけのお話です。

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

突然 代位弁済通知が来た!!
昨日のご相談者さん  かなりパニクっていた!

代位弁済の通知が届き 1,300万円もの全額一括返済を求められたけど なんとかならないかとのご相談です。 

この方は 住宅ローンの支払いが4ヵ月延滞。 そしたら いきなり 「代位弁済を行いました」 という通知を受けたとの事。 ご本人いわく 遅れながらでも少しずつ支払っていた(月5万円程度)とのこと。 遅延分14万円も 今月支払うつもりで、その旨を内容証明で銀行に送ったそうです。 就職も決まり生活も安定して来たので、今後は支払いがちゃんと出来ることも伝えたそうです。

残念ながら、こうなってしまってからは全てが手遅れです。
銀行の言うとおり、1,300万円の一括返済をするか、任意売却しか、残された道は無いと思います。

金融機関は、ローンの滞納者を 「嘘つき」 だと考えております。
いくら誠意を込めた文章を送っても、あなたの誠意はこの時点では通じません。 せめて あと1ヶ月早くこの事を伝えていたら 状況は変わっていたと思います。

このご相談者は いきなり代位弁済通知が来たと言っておりますが、この通知の前に 必ず「期限の利益の喪失予告」という通知が来ているハズです。 何らかの理由で見落としていたのか・・ 送られてくる 特別送達という郵便物を見るのが嫌で読まなかったのか・・ です。

配達された郵便物には 必ず目を通してください!
大事な書類です!


代位弁済の通知が来たら、任意売却相談室にご相談をください!
フリーダイヤル: 0120-218-985





テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

自己破産免責後の任意売却は可能です!
自宅の任意売却について簡単に質問です。

私は5月に破産手続開始決定がなされている破産者です。
来月の免責審尋で免責が許可される見通しです。
当然、住宅ローン(残債2,500万円)も免責許可となる見通しですが、今回の破産事件が終結してから競売が始まると思います。

そこで質問なのですが、住宅ローンの債務が免責許可となって返済義務がなくなった物件でも任意売却はできるのですか?

物件の場所などのさまざまな条件にもよると思いますが、任意売却を開始してから物件の購入者が決まるまで平均的にどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

破産者でありながら、こういうことは言い難いのですが、競売にしろ任意売却にしろ引越しして新たな生活を始めるために少しお金を蓄える為に時間を稼ぎたいのです。 11月中に引越しできれば・・・と思っております。

======================================================================

自己破産の免責が降りた後でも任意売却は全然可能です。
そして、ご希望である約5ヶ月後の11月中の引っ越しも問題無いです。

少しでも時間を稼いでお引っ越し代を貯めるというお考え大賛成です。 債権者との引越代の交渉に加え、物件の買い主さんと引越代の交渉もいたします。 そして、私どもの仲介手数料かもチョットだけですが引っ越しのお役に立てるよう幾ばくかの援助はさせていただきます。

もし、必要であれば引っ越し業者にも価格交渉をさせていただきます。


任意売却のご相談なら任意売却相談室へ!
フリーダイヤル 0120-21-8985
IP電話 [OCN フォン] 050-3476-8264

テーマ:住宅ローン - ジャンル:ファイナンス

今日が入札期日
自己所有のマンション(2LDK、約50㎡)の競売をかけられており入札期間が今日までで開札予定が6月16日となっています。

ローン残債は無いのですが管理費を滞納したため(約100万円)管理組合より競売をかけられてしまいました。

滞納管理費(約100万円)と裁判費用(約50万円?)の約150万円を支払って競売の取り下げをしてもらいたいと思っているのですが、やはり競売より普通に販売をしたほうがいいでしょうか?

競売の場合の売却基準額は約320万円となっていますが通常の売買相場では700万円位ではないかと思います。競売でも案外高い値がつくこともあると聞くので今回の物件では残債や占有者がないので入札金額に有利になる事はあるのでしょうか?

またもしこのまま競売で売却となった場合でも、裁判費用はこちらが支払わなくてはいけないのでしょうか?

とりあえず明日管理組合側の代理人の司法書士と会って話し合いをする予定です。

急な話で申し訳ありませんが早急にアドバイスいただけると助かります。
お電話は何時でのかまいませんのでよろしくお願いいたします。

===========================================================

開札予定が6月16日であれば、開札の前日までに競売の取り下げは可能です。
しかし、6月15日は日曜日・14日は土曜日です。 従って、13日の金曜日までに競売申立人に全額を払って取り下げてもらってください。 もっとも、先方がもう~時間が無いから嫌ですと断ってくる可能性も有ります。

> やはり競売より普通に販売をしたほうがいいでしょうか?

この質問の趣旨がイマイチ把握できないのですが・・。
マイホームを手放したいのなら競売で良いのでしょう。 そして、もう競売にかけられているので、普通には販売は出来ません。

> 今回の物件では残債や占有者がないので入札金額に有利になる事はあるのでしょうか?

残債の額は競売の落札価格には影響しませんが、占有者が居ないことは入札金額に作用いたします。

> またもしこのまま競売で売却となった場合でも、裁判費用はこちらが支払わなくてはいけない
> のでしょうか?

裁判費用は、落札された金額の中から差し引かれるので、貴方払いという事になると思います。
例えば500万円で落札されたとしましょう。
500万円 - 100万円 - 競売費用 = 貴方の取り分です!


任意売却相談室
フリーダイヤル 0120-218-985


テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

抵当権者が任意売却に応じない
早速ですが今までの経緯をご説明致します。

1年半前に自己破産手続きが終わり、破産管財人が私のマンションを売却に入り、購入者も決まり後は本契約のみとなった段階で私の第二抵当権の●●年金住宅ローン(残債約120万円)のみが売却処分に反対し、結局、第一抵当権の住構と第三抵当権の●●ほ銀行は売却処分を諦めざるえませんでした。

そして結局は裁判所の競売に回されてしました。
そして先週に裁判所より競売手続きに入るので私のマンションに執行官が下見調査に来ました。 その後、信じられない位いくつもの不動産業者からDMが届き、そして任意売却を知りました。

そこで質問があるのですが、私が不動産業者に依頼し任意売却する場合、住構、●●年金、●●ほ銀行の債権者の売却許可が必要になるのでしょうか? それともすでに債権者は債権をすでに放棄しているのですか?

放棄しているのなら私の一存で任意売却が可能なのですか?
以上、よろしくお願い致します。

====================================================================

債権者は債権を放棄いたしておりません。
債権を放棄していないから、競売にかけてきているのです。

このケースの場合でも、債権者全員から任売の同意を得る必要が有ります。

普通は、競売になってしまっても任意売却を認めてくれる債権者がおおいのですが、住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)の場合、競売まで行ってしまった場合には任意売却にはなかなか応じてはくれません。

競売になってしまった案件を住構さんに任意売却のお願いをするのには、100万円という現金を納めて話し合いのテーブルに着いてもらうことになります。 ただし、話し合いのテーブルに着いたからといって住構さんが任意売却を認めるか否かは不透明です。


任意売却のご相談は任意売却相談室へ
フリーダイヤル : 0120-21-8985
IP電話 [OCNフォン] : 050-3476-8264

テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ

善意の担保提供
祖母が善意で土地を根抵当の担保として提供してしまいました。(20年ほど前)その後、その土地を私が相続したのですが、債務者が破綻し、「担保不動産競売開始決定」が来ました。

どうしたら良いかわららずインターネットで調べていたところ貴社のHPを見ました。アドバイスを頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

==========================================

いかなる理由がそこに存在しようと、担保として契約書に署名・捺印をご本人がしてしまっているので、法的に有効です。

このまま競売で落札されるのを待つか、任意売却で買い戻すかではないでしょうか?
競売で身内の方が落札する方法も有るかと思います。


テーマ:任意売却 - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。